終活と空き家

『終活』とは、人生の終わりのために身の回りの整理をすることをいいます。
財産の整理、葬儀の準備、延命治療や介護への希望など様々です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、その重要性が広く実感されるのではないかと思います。ある日突然やってくるかもしれない人生最後の日にどう備えればいいのか…最後まで自分らしく生きるためにはどうすればいいのかを考え、また家族で話し合い認識を共有し、さまざまな準備していくのが終活です。

終活をしていく中で、今住んでいる家をどうするのか…というのが問題になりす。

家を子どもに譲りたくても子どもは遠方におり、この家に住む予定はない。
とはいえ、せっかく自分が建てた家を処分するのは忍びないし…。
そうやって決断できないうちに、家が空き家として放置されていきます。 放置されている空き家は様々なリスクが発生しますので、管理・売却・貸出・解体などを検討することをお勧めいたします。

当社では上記のような皆さまからの【困った!】を解決するお手伝いをさせていただいております。

次の記事

空き家の法律