永代供養墓って何?

日本の場合、お墓は親から子、子から孫へと承継されていくのが大前提でした。
しかし核家族化、少子高齢化などを背景に「墓を守る人が途絶えてしまう」と
悩みを抱える
独身の人や子供のいない夫婦、また、守ってくれる人がいても
子供や孫に迷惑をかけたくないという考えの方が増えてきました。

そこで代わりに寺院や墓地管理者が永代にわたって供養・管理をする
お墓のことを「永代供養墓」
といいます。

永代供養墓の形は大きな石塔や仏像など決まりはありません。
最近は
樹木葬という形もあり、桜や菩提樹、凛(りん)など緑や花の中で眠る
ことができる形もあります。「自然に還りたい」「自然の中で眠りたい」と
いう方には人気のスタイルになっています。

 

前の記事

お墓参りの持ち物

次の記事

空き家の問題点